fbpx

2人目育児は大変!乗り越えるヒント

LINEで送る
Pocket

 

子どもが2人に増えると大変なこともたくさんでてきます。2人目育児を乗り越えるためには何をするとよいでしょうか。

2人目育児はここが大変

 

〇2人の生活リズムが違う
ご飯やお風呂、寝かしつけ等、2人同時にできると楽ですが、とくに寝かしつけについては子どもの眠たくなるタイミングや睡眠時間が違うので、それぞれの子どもに合わせると二度手間になることもあります。

〇赤ちゃん返り
弟や妹が生まれてから両親の関心を赤ちゃんに奪われてしまったように感じて、わがままな行動をとる等、赤ちゃん返りをしてしまうことがあります。

〇家事が進まない
赤ちゃんのお世話や上の子の遊び相手、グズグズに付き合うなど、やる事が盛りだくさんで2人育児はとにかく時間が足りません。家事も思うように進まず疲れてしまうこともあります。

 

ポイントは上の子への接し方

 

2人目育児において、赤ちゃん返りなどの行動から「上の子にイライラしてしまう」と悩む親はたくさんいます。そのような時は「上の子を優先するくらいの気持ち」で、しっかりとケアしてあげることで、家族全体がうまく回り始めることも多いです。
どうしても出産直後はとくに赤ちゃんのお世話を優先させてしまいますが、例えば下の子が寝た後に上の子と2人きりの時間をつくったり、「あなたが一番かわいい」と言い聞かせてあげたり、お出かけをするときに先に上の子の身支度を手伝ってあげたりしてみるのもいいでしょう。下の子を抱いたままではなく、上の子だけを抱きしめてあげる時間を意識的につくってあげることで赤ちゃん返りを防止できるかもしれません。

 

2人目育児を乗り越えるコツ

 

大変な2人目育児を乗り越えるコツをいくつか紹介します。

〇夫婦で役割分担をする
幼い子どもたちのお世話を一人で全てこなすのは負担が大きすぎます。寝かしつけや休日の家事など、夫婦で役割を分担できるところがないか相談してみましょう。

〇家事の負担を減らす
毎日の掃除や料理を「やらなければいけない」と思うと、できなかった時にストレスに感じてしまいます。掃除の回数を減らしたり、ご飯もレトルトを活用したり、手を抜けるところを探してみましょう。

〇便利グッズやサービスを活用する
大変な育児を乗り越えるために必要なのは時間と気持ちのゆとりです。便利グッズや、家事代行などのサービスを活用して時には家事や育児をお休みするのもいいでしょう。

2人目の育児は大変なことや辛いこともありますが、かわいい我が子が2人に増えて楽しいことや嬉しいこともたくさんでてきます。時には息抜きもしながら乗り切っていきましょう。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください