fbpx

仕事をしながらの妊娠中の過ごし方

LINEで送る
Pocket

妊娠中も仕事を続けたいけれど、体調の変化など不安なことはたくさんありますよね。

どのように過ごすと良いのでしょうか?

 

妊娠が判明したら直属の上司へ報告

 

妊娠が判明したらまずは直属の上司へ報告をするようにしましょう。

悪阻がつらくなる前の妊娠2ヵ月頃がおすすめです。

妊娠初期は流産のリスクもまだ高く「安定期に入ってから報告を・・・」と思ってしまうかもしれません。

ですが妊娠中は体調の変化がいつどのように起こるか個人差も大きくて分からないものです。

急遽体調不良で仕事を休むことも十分にありえますから早めに報告をし、仕事の調整の他にも産休や育休はどれくらいとれるのか、妊娠を機に退職をするのか等の今後のスケジュールも立てていくと安心ですね。

仕事の内容によってはできることに制限がかかってしまう場合があります。

そんな時は信頼できる人にも報告をしておくと良いでしょう。

 

働く上で注意することは?

 

妊娠中も体調が悪くなるまではお医者さんの指示に従って働くことができます。

ですが悪阻や、安定期以降も貧血になりやすかったりと体調の変化は続くため、働く上でいくつか注意が必要になります。

例えば重い物を持つことや、立ちっぱなしのままでいることはお腹の張りにつながりますので避けましょう。

同じ姿勢でいることも浮腫みや腰痛の原因になってしまいます。

通勤時の満員電車もお腹が圧迫されて負担がかかりますからお腹の張りを感じたら少し休むようにしてくださいね。

時差出勤や時短勤務など職場の制度を調べて活用するのも良いでしょう。

有給休暇を取得したり配置転換などについて上司と相談をし、決して無理のないように過ごすことが大切です。

 

ママが健康であることが一番大切

 

ママと赤ちゃんは繋がっています。

ママが心身ともに健康であることが赤ちゃんにとって最も大切なことです。

仕事などで自分にプレッシャーがかかったり、ストレスをためこむと一層体調を悪くする可能性もあります。

くれぐれも無理をしすぎないようにして

「調子がよくなったらやろう」

「休むことも赤ちゃんのため」

と、リラックスして過ごすよう努めましょう。

不安や疲れを感じるときは一人で抱え込まず周囲の人に頼るよう心がけてください。

自分の体を労わることが赤ちゃんの命も労わることに繋がります。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください