fbpx

産休に入る人へ贈るメッセージ

LINEで送る
Pocket

 

職場の人が産休に入るとき、素敵なお祝いメッセージを贈りたいけれど何を書いていいか迷うこともありますよね。

 

産休メッセージ 3つのポイント

 

産休に入る人へのメッセージの書き方として3つのポイントがあります。

◎お祝いや感謝の気持ちを伝える
「この度はおめでとうございます」「ぎりぎりまでお仕事頑張ってくださってありがとうございます」等の言葉から書き始めるとスムーズです。

◎体を気遣う気持ちを伝える
妊娠中の体調は不安定です。「お体に気をつけてお過ごしください」と、一言加えることで温かみのある文章になります。

◎みんなが復帰を待っていることを伝える
仕事を離れることに不安を感じている妊婦さんはたくさんいます。

「〇〇さんの復帰をお待ちしています」等の言葉を添えることで妊婦さんの安心感につながります。

これらのポイントを抑え、相手に寄り添った産休メッセージを書いてみましょう。

 

産休メッセージ 3つの注意点

 

先ほどのポイントに加え、より良い産休メッセージを書くために3つの注意点があります。

◎プレッシャーとなる言葉を使わない
「元気な赤ちゃんを産んでください」「頑張ってください」等の言葉は無事に出産ができるか不安に感じている妊婦さんにとってプレッシャーになってしまいます。

◎性別については触れない
望んでいた性別と違った場合や、後継ぎになり得る性別を求められて辛い思いをしている可能性もありますので話題として触れないのが無難です。

◎別れを感じさせる言葉を使わない
「これまでお世話になりました」「今まで本当にお疲れさまでした」等は相手に別れを想像させてしまうので使うのは避けましょう。

 

産休メッセージの例文

 

上司・後輩・同僚へ贈る産休メッセージの例文をご紹介します。

【上司】
「〇〇さん、この度はおめでとうございます。妊娠されて大変なことも多いなか一緒に仕事をしてくださりありがとうございました。産休中はゆっくりお休みになってご自愛ください。また一緒にお仕事ができる日を楽しみにしています。」

【後輩】
「〇〇さんへ おめでとうございます。仕事をしながらの妊婦生活はとても大変だったと思います。産休中は自分の身体とお腹の赤ちゃんのことを大切にゆっくりと過ごしてくださいね。赤ちゃんの誕生を職場から楽しみに待っています。」

【同僚】
「〇〇さん おめでとうございます。しばらくのあいだ一緒に仕事ができないのは寂しいけれどママになった○○に会えるのを楽しみにしています。何かあったときはいつでも連絡してくださいね。」

産休に入る人が安心して出産や育児に集中できるよう素敵な産休メッセージを届けてくださいね。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください