fbpx

アダルトチルドレンとインナーチャイルドの癒し

LINEで送る
Pocket

機能不全家族という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
幼少期の虐待やアルコール依存症の親など、機能不全家族と定義されるような子どもの成長に悪影響を及ぼす親のいる環境で育ったため、大人になってからもトラウマを抱えたままの人を指す言葉がアダルトチルドレンです。
アダルトチルドレンは家庭内における緊張状態が続く中育った環境のため、様々な社会的不適応などの生きづらさがあると言われてます。
例えば、周囲が期待しているようにふるまう、完璧主義者である、被害妄想に陥りやすい、表情が乏しい、楽しめない、他人への承認を求める、抑うつ的、無力感といったものまで挙げられ、アダルトチルドレンの症状は多彩で、症状からその判断をすることはできないとも言われていますが多様な症状を抱えている可能性があります。
機能不全家族で育った子どもは役割を演じていることが無意識の中に刷り込まれている場合があり、その無意識に気づかないがために、その傾向による対人関係に影響を与えることによる生きづらさを抱える傾向があります。
人格形成が健全にされていない場合、自分自身を肯定できず、過度な落ち込みや自己否定を繰り返し、うつやパーソナリティ障害、パニック障害などの精神疾患を伴う場合もあります。

インナーチャイルドとアダルトチルドレン

 

インナーチャイルドとは内なる子どもを意味する言葉で、幼児期に満たされなかった心がアダルトチルドレンの症状を抱えている原因となっている可能性があります。
特に、虐待、ネグレクト、過度の期待などを受けて育っていた場合、過去の幼児期の期待を裏切られた気持ち、傷ついた心や記憶など、そんなインナーチャイルドに潜むアダルトチルドレンの傾向が、自分自身が親となった時無意識に子育てにマイナスの影響を及ぼしているのかもしれません。
虐待やネグレクトなどのように、過度な機能不全家族でなかったとしても、自分自身が内包する、何かしらの子ども時代のトラウマがアダルトチルドレンの特性をあなたも少なからず持ち合わせている可能性があり、そして、その無意識から生まれる特性が、自分自身の子育てを苦しく辛いものにしてしまってはいないでしょうか。

アダルトチルドレンからの解放~インナーチャイルドの癒しとは

 

子どもというのは、本来はそのような役割を演じることなく、育ちの環境において緊張状態がない状況の中、自由に人格形成をすることが理想です。
子育てで、ひどく子どもを叱ってしまう、子どもが自分の思うように言う事をきかなくてイライラする、その自分自身の思考がどこからきたものなのかを、そういった思考パターンに気付くためにどうしたらよいでしょうか。
自分が子育ての中で湧き上がる本当の感情に気付いてみませんか?
自分自身の無意識の中にある、インナーチャイルドに気付き、内なる子どもの声を聞き、インナーチャイルドを癒すことでそれらの悩みが解決する場合があります。
実はアダルトチルドレンかもしれない、自分自身の無意識による影響をもしかすると受けているのかもしれないということを、客観的に気づくことから自分の子育ての辛さから解放されるきっかけになるかもしれません。
インナーチャイルドを癒し、子育てがうまくいく、私たちは自分自身の本当の可能性に気が付きその能力を発揮できる。
そんな幸せママにあなたもなってみたいと思いませんか?
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください